The Star Hotel

本格的にF1を楽しむ秘訣|海を渡って応援しよう

暑い国だけど上着は必要

折り畳み傘と薬も忘れずに

パスポート

シンガポールは赤道直下で熱帯雨林に属しているため、年間平均気温が27度前後と暑い国です。しかしシンガポールツアーに参加するなら、夏物の洋服ばかり持って行ってはいけません。事前に調べておかないとツアー先で辛い思いをすることになってしまいます。基本的な服装は夏物で大丈夫ですが、建物の中は必要以上に冷房が効いていることがありますので、邪魔にならない長袖の薄手の上着を持って行くと重宝します。また、気温とは関係なく、観光スポットによっては露出の多い服装だと入場を断られる場合があります。特に宗教関係の寺院などに多いので、長袖の上着は必ず持って行きましょう。あと服装関係では靴下があるといいでしょう。上述の通り建物内の冷房が強いので、ホテルでくつろぐ時に履いておくと体調を崩しにくくなります。かさばらないので一足くらいはスーツケースに忍ばせておきましょう。シンガポールは降水量が多いので折り畳み傘を持って行くことをおすすめします。晴天であっても突然バケツをひっくり返したようなスコールに遭遇することがあります。また、日差しを遮ることもできますので忘れずに持って行きましょう。更に、なるべく身軽で出かけたいものですが、数種類の薬は持って行くべきでしょう。暑さとなれない食事で体調を崩すことがあるかもしれません。ツアー中に現地で慌てて購入するよりも、家にある風邪薬やお腹の薬を少し持って行くだけで安心感が得られます。基本的な準備に加え、これらを用意しておくときっと現地で「持ってきて良かった」と思うことでしょう。忘れずに準備してシンガポールツアーを満喫しましょう。

観光地からツアーを選ぶ

女の人

シンガポールは比較的治安が良く、日本からの直行便も多いので行きやすく、海外旅行初心者にもお勧めの国と言えます。シンガポールツアーは豪華なホテルから格安の宿まで様々なツアーがあります。見どころはマーライオン、夜の動物園を楽しめるナイトサファリ、植物園があります。是非訪れて欲しいのはセントーサ島です。シンガポール本島は貿易港なので海水浴に適しませんが、セントーサ島ならビーチやユニバーサルスタジオもあります。日本にはないアトラクションもありますし、日本と比べて混雑してはいません。セントーサ島は、島全部がテーマパークのようになっていて、中に入れるマーライオンタワーや水族館、プールやカジノなど1日で遊びつくせない程の見どころが満載です。シンガポールツアーには、マレーシアもめぐるもの、セントーサ島へ行くものもありますので、自分の行きたいスポット、やりたいことが出来るツアーを選ぶと満足度の高いものになります。シンガポールのグルメで一番有名なのはチキンライスです。蒸した鳥肉とごはんのセットで、やみつきになる人もいます。イギリス文化の影響もあるので、カフェも充実していて、外のテラス席でゆったりとお茶をするのは至福の時です。シンガポールは街の美化に努めている国なので、ガムは持ち込みも禁止されています。ごみのポイ捨てや喫煙所以外での喫煙などは、旅行者といえども罰金を科されることがあります。事前にきちんと調べてその国に敬意を払い、ルールに従いましょう。

アジアの中では費用は高め

レディ

シンガポールはアジアの中でも治安がよく、都会的な雰囲気があるため、海外旅行初心者にも行きやすいスポットとして知られています。アジアの中では宿泊費が高めであるため、航空券やホテルを別々に予約するよりも、ツアーで予約する方がお得に利用できることが多いです。シンガポールツアーで多いのは四日間のプランです。四日間でも、三泊四日の場合と二泊四日の場合があり、どちらを選ぶかで滞在期間が大きく異なります。三泊四日というのは日本を午前にたち、昼頃シンガポールに到着、三泊してから四日目に帰るというプランです。四日間の休みが必要になります。二泊四日は、日本を夕方にたちシンガポールの深夜到着、三日目の深夜に帰るという流れです。じっくり楽しみたいのならば三泊四日がおすすめですし、仕事の関係で忙しいという場合は二泊四日でも十分楽しめます。ツアーの相場は、燃油代サーチャージ代抜きで3万円ほどが最安値で、平均的には4万円から10万円ほどです。燃油代サーチャージ代を加えて5万円から12万円ほどが相場といえます。格安航空か大手の航空会社か、ガイドがついてくるか、食事がついてくるか、ホテルのグレードはどうするかなどにより値段は上下します。ツアーだと高級ホテルにもお得に泊まれることが多いので思い切ってそういった高級ホテルを選ぶのも一つの手です。また、シンガポールは治安がよいためガイドなしでもほとんど問題はありません。節約という意味でもガイドなしのフリータイムプランを選んでもよいでしょう。